水素水 ‭水素水サーバー メリット デメリット

水素水サーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーが一般家庭にもかなり普及してきていますが、これと似たタイプで、水素水を自宅で作ることができる水素水サーバーも普及しつつあります。では、これは他のタイプと比較すると、どういった特徴があるのでしょうか?

 

水素水サーバーは継続すれば安い!

水素水サーバーは、長期間水素水を継続したいという場合、コストが安く済むというのが嬉しいポイントですね。毎回、アルミパウチに個包装されたものを選ぶよりも、大容量のサーバーを使った方が断然コストは安く済みます。日常的にたっぷり摂取したいという方には嬉しいタイプですね。

 

また、どのような水素水サーバーを選ぶかにもよりますが中には水道水から水素水を作ることができるタイプもあります。水代自体もかなり安く済ませられるという点も嬉しいポイントですね。

 

温水や冷水がどちらもいつでも出てくるのも便利です。かかるコストとしては、水代、フィルター代、電気代といったものくらいなので、かなりリーズナブルなコストで抑えられるでしょう。

その場でできた水素水

アルミパウチなどの水素水では、工場で水素が充填されたものが、はるばる届くという仕組みになっています。そのため、この運ばれてくる家庭で水素が大量に抜けてしまうこともあります。その点、水素水サーバーはその場で水素を生成する仕組みになっているため出来立ての水素水が飲めるということなのです。

 

溶け込ませることができる水素の量には限りはあるものの、市販品よりも抜ける機会が少ないので、摂取しやすいというのもメリットであると言えるでしょう。

水素水サーバーのデメリット

魅力満載な水素水サーバーですが、もちろん、デメリットと評価できる点もあるのが事実です。例えば、初期費用。継続していくと結果的には安く済むと言われる水素水サーバーですが、最初にサーバーを購入する際には、メーカーにより30万~100万円程度のコストが必要になります。

 

また、工事が必要な場合も多く、面倒に感じられたり、別途工事費用がかさんでしまうというデメリットもあります。さらに、水素濃度もやはり、アルミパウチタイプくらいのレベルで溶け込ませるのは難しく、実感しにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

1度取り入れてしまえば気軽な方法で水素水を続けられる魅力的な方法ではありますが、一歩踏み出すにはかなりの覚悟が必要なアイテムであると言えますね。

関連ページ

アルミパウチタイプ
水素水と言えば、多くの方がイメージするのが、アルミパウチタイプのものでしょう。では、このアルミパウチタイプの水素水には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
スティックタイプ
スティックタイプの水素水というのは、ペットボトルなどにお好みの水を入れて、ここに水素を発生させるスティックを入れておくだけで水素が溶け込んだ水になるというものです。気軽なことで人気のタイプですが、もちろん、メリットもあればデメリットもあるのです。
水素サプリのメリット・デメリット
水素というと水をごくごく飲まなければ摂取できないもの、という印象があるかもしれません。ですが、そんな水素を少量の水分で摂取できてしまう方法もあります。それが、水素サプリというものですね。