水素水 サプリ メリット デメリット

水素サプリのメリット・デメリット

水素というと水をごくごく飲まなければ摂取できないもの、という印象があるかもしれません。ですが、そんな水素を少量の水分で摂取できてしまう方法もあります。それが、水素サプリというものですね。

 

水素サプリは水が苦手でも飲める!

水素水は水を飲むだけの健康法という印象ですが、中にはこの「水を飲む」こと自体がストレスになる方がいらっしゃいます。確かに味のない水を大量に摂取するのは、夏の喉が渇いた時ならともかく、冬の寒い日などは、ちょっと辛いですよね。そんな時に、少量の水と共に流し込むだけで水素のメリットを取り入れられるのが水素サプリです。

 

水を飲むことが苦手でも、サプリであれば気軽に水素を美容と健康習慣に役立てることができます。これは最大のメリットと言える部分ですね。

かさばらない!

水素水を外出先や旅行先でも楽しみたいという場合に、アルミパウチなどの水素水では、「重い」「かさをとる」と感じる方もいらっしゃるでしょう。ですが水素サプリは小さな粒なので、持ち運びも楽々です。外出先でも気軽に摂取できるので、色々な場面で飲み忘れを防ぎ、継続しやすいというメリットがあります。

 

長期の旅行や出張の時でも、荷物に大量の水素水を入れるよりも、水素サプリを選んだ方が、断然、荷物の量を減らすことができるでしょう。

水素サプリのデメリット

気軽さ、手軽さが魅力の水素サプリですが、デメリットも少なくありません。まず、中には水素濃度がほとんど検出されないサプリもあるという点です。それから、安全性の確認がしっかり行われていないサプリも存在すると言われています。

 

これらの点に関しては、素人判断では難しい部分があり、本当に水素が含まれているのか、安全な成分だけでできているのかを確認することもなく摂取してしまっている人が多いですね。

 

その点、水素水はメチレンブルーによって、実際に水素が含まれるかどうかを調べることもできますし、原材料は水素と水だけで、添加物なども含まれないので安心です。水素サプリは、このような自分で気軽に調べる術がないという点や、添加物が含まれる可能性が高いというのもデメリットとして挙げられますね。

 

それから、水素サプリはマグネシウムの過剰摂取になるリスクもあるということが分かっています。このような点を考慮しても、水素サプリの中で「絶対に安全!」と言い切れるものを探すのは、簡単ではないということが分かります。

関連ページ

アルミパウチタイプ
水素水と言えば、多くの方がイメージするのが、アルミパウチタイプのものでしょう。では、このアルミパウチタイプの水素水には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
水素水サーバーのメリット・デメリット
ウォーターサーバーが一般家庭にもかなり普及してきていますが、これと似たタイプで、水素水を自宅で作ることができる水素水サーバーも普及しつつあります。では、これは他のタイプと比較すると、どういった特徴があるのでしょうか?
スティックタイプ
スティックタイプの水素水というのは、ペットボトルなどにお好みの水を入れて、ここに水素を発生させるスティックを入れておくだけで水素が溶け込んだ水になるというものです。気軽なことで人気のタイプですが、もちろん、メリットもあればデメリットもあるのです。