水素水 アルミパウチ メリット デメリット

アルミパウチタイプ水素水のメリット・デメリット

水素水と言えば、多くの方がイメージするのが、アルミパウチタイプのものでしょう。では、このアルミパウチタイプの水素水には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

水素濃度の高さが魅力

アルミパウチタイプのメリットとして、やはり最大の魅力と言えるのが、水素濃度の高さでしょう。アルミパウチタイプでは、例えばトラストウォーターなどの場合には、充填時の濃度が3.0ppmと非常に高くなっています。その他のメーカーを見てみても、1.6ppm程度のものが多く、これはサーバーやスティックなど他のタイプでは実現するのが難しい濃度です。

 

また、アルミパウチはデリケートな水素を厳重に守ってくれるので、この高い水素濃度を維持した状態で摂取できるというのも大きなメリットです。つまりアルミパウチタイプの水素水は、水素がもたらす嬉しい効果を、最も実感しやすいと言えるタイプなのですね。

 

しかもアルミパウチの場合は、水の質にまでこだわった商品が多いので、美味しくごくごく飲めるというのも嬉しいポイントです。水道水から作るタイプとは違い、安全な水が使用されているというのもメリットですね。

手軽に摂取できるのが嬉しい!

サーバーのようにコップに移し替えたり、スティックのようにお手入れしたりする必要もなく、気軽に容器のままごくごく飲めるのがアルミパウチタイプの水素水の魅力です。面倒がないので、継続しやすいというメリットがあります。使い捨ての容器なので、洗い物さえ増えることがありませんね。

 

また、アルミパウチは持ち運びも楽々なので、外出先で摂取したい時にも便利です。屋外でスポーツを楽しむ際などにも、アルミパウチタイプの水素水を持参すれば、水分補給に手軽に活用できますね。

アルミパウチタイプのデメリット

数多くのメリットがあるアルミパウチタイプの水素水ですが、デメリットと言える面もあります。まず、価格が高いという点ですね。1つ1つ丁寧にアルミパウチ容器に充填しているため、どうしてもコストがかかってしまい、高額になりがちです。

 

それから、アルミパウチタイプは容量全てを早めに飲みきらなくてはならない、というのが基本なので、大容量のものは一気に飲むのが厳しいと感じられる方もいらっしゃるでしょう。ただし、中には開封後にもしばらく水素の濃度が維持できるような、ビガーブライトなどの商品もあります。こういったものを上手に活用すれば、一気飲みの必要はなくなり、負担が軽減されますね。

関連ページ

水素水サーバーのメリット・デメリット
ウォーターサーバーが一般家庭にもかなり普及してきていますが、これと似たタイプで、水素水を自宅で作ることができる水素水サーバーも普及しつつあります。では、これは他のタイプと比較すると、どういった特徴があるのでしょうか?
スティックタイプ
スティックタイプの水素水というのは、ペットボトルなどにお好みの水を入れて、ここに水素を発生させるスティックを入れておくだけで水素が溶け込んだ水になるというものです。気軽なことで人気のタイプですが、もちろん、メリットもあればデメリットもあるのです。
水素サプリのメリット・デメリット
水素というと水をごくごく飲まなければ摂取できないもの、という印象があるかもしれません。ですが、そんな水素を少量の水分で摂取できてしまう方法もあります。それが、水素サプリというものですね。