水素水 素早く 摂取

水素水はとにかく素早く摂取を!

水素水は体の隅々に行きわたり、活性酸素を除去してくれるという魅力的な効果を持っていますが、これには大きな弱点があります。それは、水素がとてもデリケートで、あっという間に抜けてしまうという点ですね。そこで、そんなデリケートな水素をしっかり摂り込めるよう、素早く飲むことを心がけましょう。

 

届いたらできるだけ早く!

まず、水素水を購入したら、できるだけ早く飲むことが大切です。「購入したけれど、今のところ不調はないから置いておこう」「アルミパウチだから大丈夫だろう」という気持ちで放置していると、その間にもどんどん、水素が逃げてしまう恐れがあります。そのため、賞味期限に関わらず、届いたらすぐに開始して早めに飲みきってしまいましょう。

 

アルミパウチに入っているという特性上、「日持ちしそう」というイメージを抱いてしまいがちな水素水。ですが、アルミパウチや水が品質を保持する効果が高いものであったとしても、水素はそうはいきません。気密性の高いアルミパウチでも、保存している間に少しずつ抜けていく可能性はありますので、無駄なく摂取するためにも、また美味しくいただくためにも、早めに飲むことが大切というわけですね。

開封後はすぐに!

水素水の飲み方で基本となるのは、開封したら、すぐに口をつけて一気に飲み干すというものです。喉が渇きにくい秋冬には厳しい飲み方かもしれませんが、この方法が、最も水素をしっかり摂り込める方法であると言えます。なぜなら、開封した際、その飲み口からはあっという間に水素が抜けていってしまうからですね。

 

開封し、香りを楽しんだり1口ずつゆっくり味わったりしている暇はないというわけです。ただし、水素を溶け込ませる技術に関しても日々進化しており、最近では開封後、数時間経過しても水素を保つことができる「抜けにくい製法」のものも登場してきています。ビガーブライトなどは開封後48時間、水素を維持できるということですので、すぐに飲みきるのが厳しいという方は、そういったタイプを選んでみましょう。

飲みきれなかったら?

水素水の効果を余すことなく取り込みたいのであれば、一気飲みが理想的ではありますが、そうはいかない場合もありますね。ストレスは活性酸素を発生させる大きな原因になりますので、喉が渇いてもいないのに、無理に一気飲みしてストレスを感じてしまえば、本末転倒になってしまいます。そこで、飲みきれなかった場合の対処法も覚えておくと良いでしょう。

 

水素水を一気飲みできず、アルミパウチ内に残してしまったという時には、まずできるだけ水が空気に触れないように、飲み口のぎりぎりのところまで上げてきます。アルミパウチを押せば良いだけなので簡単ですね。この状態でフタをして保存すれば、水素が抜けにくくなります。ただし、こうして保存した場合でも、できるだけ数時間内に飲みきるようにしましょう。

関連ページ

水素水の飲む量は?
水素水は、医薬品やサプリとは違い「摂取しすぎると危険」という部分がありません。ですが、だいたいの目安としては、1日あたりどの程度の量を摂取すれば良いのか、というのも気になるところですね。
水素水を飲むタイミングは?
水素水は、水と同じで、基本的にはどのタイミングで摂取しても良い飲み物です。ですが、せっかくなので最大限に活かせるタイミングを把握しておきたいですね。では、1日のうちのどんなタイミングが、水素水の摂取に向いているのでしょうか?
水素水のアレンジは?
基本的に、アルミパウチで販売されている水素水に関しては、そのままでも美味しくいただけるようにできています。ですが、どうしても水そのものの味が苦手という方は、ちょっとしたアレンジを加えてみるのも1つの方法ですね。