水素水 効果的 飲む量

水素水の飲む量は?

水素水は、医薬品やサプリとは違い「摂取しすぎると危険」という部分がありません。これは副作用が無く、水を飲むことに制限がない方なら、特に飲み過ぎても問題が起こるものではないのです。ですが、だいたいの目安としては、1日あたりどの程度の量を摂取すれば良いのか、というのも気になるところですね。

 

水素水の飲む量の目安

水素水の飲む量の目安は、人が1日に必要とする水分の量と同程度です。これは1.5~2L程度と言われていますので、この範囲内で無理なく摂取していくようにすると良いでしょう。ただし、水分の必要量というのは人によって違っていますので、注意してください。

 

基本的に水分の摂取量は、体重1キロあたり50ml程度と言われています。つまり50キロの方であれば、2.5Lということになりますね。ただし、食品などからも水分は摂取できますので、これを全て水素水で摂取しなければならないというわけではありません。だいたい1.5~2L程度の範囲で、飲みやすい量を摂取していくと良いでしょう。

水素水を飲み過ぎると?

基本的に水素水は副作用などが無いので、飲み過ぎたとしても、大きな問題が起こるリスクは低いと言えます。ですが、いくら飲んでも問題が無いかと言えば、そうとも言い切れません。例えばただの水を飲んだ場合でも、飲み過ぎれば水中毒と言われる症状が起こってきます。

 

つまり、水素水でも限界を超える量を一気に摂取するのは、危険な可能性があるというわけです。1日に1.5~2Lを超えて摂取するのは、避けた方が安心ですね。

水素水の大量摂取が難しいなら?

アルミパウチの水素水は、コストが高いという欠点があります。そのため、1日に1.5~2Lもの量を摂取するのは難しいと感じる方が大半でしょう。そんな時には、1日500mlを水素水に、残りの1L程度はミネラルウォーターで補給、といった方法で無理なく取り入れてみると良いですね。

 

あるいは、水道水からでも水素水を作ることができ、コスパの良いスティックタイプなどもありますので、これと併用していく方法もあります。高濃度な水素水をアルミパウチで、残りの不足分はスティックタイプの水素水で、といった感じで、財布に負担が少ない方法で利用してみましょう。継続することこそが重要なので、そのためには、コスパが良い方法を見つけることも大切ですね。

関連ページ

とにかく素早く摂取を!
水素水は体の隅々に行きわたり、活性酸素を除去してくれるという魅力的な効果を持っていますが、あっという間に水素が抜けてしまうという大きな弱点があります。そこで、そんなデリケートな水素をしっかり摂り込めるよう、素早く飲むことを心がけましょう。
水素水を飲むタイミングは?
水素水は、水と同じで、基本的にはどのタイミングで摂取しても良い飲み物です。ですが、せっかくなので最大限に活かせるタイミングを把握しておきたいですね。では、1日のうちのどんなタイミングが、水素水の摂取に向いているのでしょうか?
水素水のアレンジは?
基本的に、アルミパウチで販売されている水素水に関しては、そのままでも美味しくいただけるようにできています。ですが、どうしても水そのものの味が苦手という方は、ちょっとしたアレンジを加えてみるのも1つの方法ですね。