水素水 効果的 飲み方 アレンジ

水素水のアレンジは?

基本的に、アルミパウチで販売されている水素水に関しては、天然水など水の質にもこだわりがあるため、そのままでも美味しくいただけるようにできています。ですが、どうしても水そのものの味が苦手という方は、ちょっとしたアレンジを加えてみるのも1つの方法ですね。継続しやすいアレンジ法を見つけてみましょう!

 

水素水を軽く温めて!

水素水は冷やして一気に飲みたいところですが、どうしても冬場はそれが厳しくなりますよね。それに、冷たいものを飲むのは体を冷やす原因にもなるので、できれば避けたいという方も多いでしょう。常温で摂取しても良いのですが、真冬だと常温でも摂取しにくいものです。

 

そこで、水素水を軽く温めて飲んでみましょう。ただし、水素水は沸騰させてしまうと、中の水素が抜けてしまいます。アルミパウチごと、湯せんで軽く温める程度にしておきましょう。こうして温めたもので体を温めながら摂取すれば、冬場でも無理なく続けることができるでしょう。

レモン汁をプラスして!

水素水そのままの味が苦手という場合には、レモンの果汁を少しだけ、絞ってみても良いですね。レモン汁の爽やかな酸味で、飲みやすさが増すでしょう。さらに、生のレモンにはビタミンCもたっぷり含まれており、このビタミンCも高い抗酸化力を誇っています。つまり、レモン汁をプラスすることで、ダブルのパワーで抗酸化作用を実感できるというわけですね。

 

レモン汁の酸味だけでは物足りないという方は、蜂蜜を加えて「はちみつレモン」にしてみるのも良いでしょう。ただし、コップに移し替えたり、混ぜたりするうちに水素はどんどん抜けていってしまいます。水素水の効果を重視するのであれば、できればパウチの中に軽くレモン汁を絞る程度にして、あまり容器を変えたり混ぜたりせずに摂取してしまいたいですね。

水素水は、お料理にも!

水素水は、お料理に活用することもできます。酸化という現象は人の体のみに起こるものではなく、野菜やお肉、魚など、何にでも起こっています。そこで、水素水に野菜を少し浸けておくだけでも、シャキッと美味しく蘇ったりする効果が期待できるのです。

 

この方法は、さすがにアルミパウチの水素水で実践するのはもったいなく感じられるかもしれません。スティックタイプなど、コスパの良い水素水を使用する場合には、お料理にも活用してみても良いですね。酸化が抑えられた新鮮なものを摂取すれば、より体が内側から元気になっていく効果が実感できるでしょう。

関連ページ

とにかく素早く摂取を!
水素水は体の隅々に行きわたり、活性酸素を除去してくれるという魅力的な効果を持っていますが、あっという間に水素が抜けてしまうという大きな弱点があります。そこで、そんなデリケートな水素をしっかり摂り込めるよう、素早く飲むことを心がけましょう。
水素水の飲む量は?
水素水は、医薬品やサプリとは違い「摂取しすぎると危険」という部分がありません。ですが、だいたいの目安としては、1日あたりどの程度の量を摂取すれば良いのか、というのも気になるところですね。
水素水を飲むタイミングは?
水素水は、水と同じで、基本的にはどのタイミングで摂取しても良い飲み物です。ですが、せっかくなので最大限に活かせるタイミングを把握しておきたいですね。では、1日のうちのどんなタイミングが、水素水の摂取に向いているのでしょうか?