水素水 容器

効果的な水素水選び | 水素水は容器が大事!

宇宙一小さな分子である水素は、水に溶け込ませてもすぐに、逃げ出してしまう性質があります。そのため、これを十分に溶け込ませた状態で手元まで届けてもらうためには、容器へのこだわりが必要になります。一般的な飲み物や食べ物なら、「中身が良ければ良いから、容器は節約して!」と言いたいところですが、水素水ではそうはいかないのです。

 

水素を守れるのはアルミパウチのみ!

ペットボトルなどで水素水を販売していたとしても、こういった容器では水素はあっという間に逃げてしまいます。そのため、消費者の手元に届き、飲まれる時にはただの水になっていると考えた方が良いですね。ではどうすれば水素を維持したままで消費者の手元に届けることができるのか、これを試行錯誤した結果、各メーカーが採用しているのがアルミパウチです。

 

アルミは唯一、水素を逃さずに維持できる素材であると言われています。そしてさらに、厳重に水素を守るために、人気のメーカーはそれぞれに工夫して、アルミパウチを4層構造にしたりしています。特にトラストウォーターはその点へのこだわりが強く、飲み口さえも作らない徹底ぶりです。そのため、手元に届いた際の水素の溶存量も非常に高いと言われています。

最も高濃度で摂取できるのがアルミパウチ

水素水の人気が高くなってから、イロイロなタイプの商品が登場してきていますね。例えばスティックを浸けておけば水素が発生するというタイプや、ウォーターサーバータイプなどがあります。これらは、アルミパウチよりも低コストで気軽に水素水を取り入れていくことができる、という大きなメリットがあります。

 

ですが、濃度をしっかり保ったままで摂取する、ということを考えるのであれば、やはりアルミパウチが理想的です。アルミパウチタイプが最も高濃度を維持しやすいと言われており、他の製品では濃度がどうしても下がるため、効果も実感しにくくなります。効率良く水素を摂り入れていきたいなら、やや高額でも、アルミパウチタイプを選びましょう。

アルミの不安は?

アルミパウチというと、アルミという素材を使用しているわけですから、不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。アルミは認知症の原因になる、といった話もありますね。せっかく美容と健康のために摂取している水素水で、そういった悪影響があるというのは、やはり困るところです。

 

ですが、このアルミの不安に関しても、水素水のアルミパウチではあまり難しく考える必要はなさそうです。こういった製品に使われるアルミは、表面に加工が施され、アルミが溶け出さないように工夫されています。そのため、水素水の中にアルミが溶け出して悪影響を及ぼす、といった心配はほぼありませんので、安心して、アルミパウチタイプの効果的な水素水を摂取していきましょう!

関連ページ

まずは基本の濃度をチェック!
水素水の効果をしっかり実感したいのであれば、やはり濃度は重要です。これは水素水選びの基本中の基本とも言える部分なので、しっかり注目して選んでいきましょう。
水の質をチェック!
水素水というのは、天然にそういう水があるわけではなく、普通の水に水素を人工的に溶け込ませてあります。ということはつまり、どんな水を使っているのかで、その質も大きく左右されてくるというわけです。
継続できるかどうか確認!
水素水は、医薬品のような即効性があるわけではなく、長く摂取し続けてこそ美容・健康効果を実感できるものであると言えます。そのため、継続しやすい水素水を選んでおかないと、短期間の摂取では結局無意味ということにもなりかねないのです。