水素水 注意点 飲み方

水素水は飲み方に注意!

水素水は基本的には副作用のリスクも無く、安全性が高い美容・健康法として知られています。ですが、より高い効果を得るためにも、飲み方に関しては注意すべき点があるのです。その点をよく理解して、水素水を取り入れていきましょう。

 

水素水は極力アレンジしない!

水素水の飲み方は、基本的にはアルミパウチの場合、その容器のままで摂取するのが理想的です。コップに移し替えたりする間にも、デリケートな水素がどんどん逃げてしまいます。そのため、アレンジにも向いていないのです。

温める

高温で沸騰させると水素がゼロになる可能性もあるので、容器ごと湯せん程度が限界です。

味をつける

コーヒーなどで味を付けても良いですが、コップに移したり温めたりする際に水素が逃げます。

料理に使う

調理の過程でほぼ、水素はゼロになると考えた方が良いでしょう。

 

このように、飽きるからといった理由でアレンジに使用した場合、水素水の効果や効能が、ほぼ実感できない「ただの水」になってしまう恐れがあります。どうしてもアレンジしたいなら、できるだけ抜けにくい技術により水素を溶け込ませた水を選び、そっとコップに移して、軽く味を付ける程度にしておきましょう。

水素水は継続が大事!

万病に役立つようなイメージで語られている水素水ですが、魔法の薬ではないということを忘れてはなりません。あくまでも水素を溶け込ませた水ですので、1日飲んだからと言って、劇的に体が変わるということはないのです。水素水は、継続が大事です。毎日、できるだけ飲み忘れることなく、習慣的に飲むようにしてください。

 

なんとなく不調な時だけ飲む、という方法もありますが、本格的に体質から変えたいというのであれば、やはり継続することが理想的ですね。

水素水も飲み過ぎには注意!

水素水は、副作用のリスクが無く、水素の過剰摂取になった場合にも、余分な分は排泄されるという安心な水です。ただし、ただの「水」であっても、過剰に摂取すれば水中毒といった命に関わる症状を起こすこともあるのです。つまり水素水であっても、1日の上限を超えて摂取すれば、水中毒になる可能性もあります。

 

それから、中には持病などにより、水分の摂取量を制限されている方もいます。そのような場合にも、「水素水だから大丈夫」ということはありません。しっかり医師と相談し、定められた範囲での摂取にしてください。

 

健康的な成人であれば、1日あたりの水分摂取量は、1.5~2L程度が理想と言われています。これを超えると、様々な不調が起こることもあるので、あくまでも「限度を守ってほどほどに」ということを覚えておきましょう。

関連ページ

好転反応に注意!
水素水は副作用などの危険性もなく、極めて安全で万能の美容・健康法というイメージが強いですね。ですが、中には水素水を飲み始めると、まるで副作用のように、困った症状が発症して悩まされる方がいるのです。これを好転反応と言います。
水素水に頼り過ぎはNG!
大きな注目を集める水素水。どんな悩みでも解決できてしまうのではないか、なんて気分になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には水素水は、美容と健康をサポートするためのアイテムでしかない、ということを忘れないようにしましょう。